快適な空間でコストも削減、プッシュプル型換気装置

医療施設や工場等では、作業員や患者さん、大切な製品等を作業等で発生する汚染空気や塵等から保護するため、絶えず作業空間内の空気を換気していなければなりません。

このために設置されてきた従来型の換気装置は、局所換気装置(外付け式)が主流でした。
これは、有害物質の発散源にできるだけ近い位置に、拡散を防ぎ効率的に吸引・除去するためのフードを設置することが必要で した。



また、有害物質の吸引に必要な排気量は距離に比例して大きくなるため、換気できる範囲は狭くなってしまい効率は決して良いものではありませんでした。

エアカーテンのことならお任せください。

これに対し、プッシュプル型換気装置は有害物質の発散源を挟むようにフードを2か所に設置し、吹き出しフードから吹き出した空気により、発散している有害物質を包み込み、吸い込みフードまで空気と一緒に流して吸引・除去する方式のものです。

空気を押し出し(プッシュ)して、引きこむ(プル)という意味で、このように呼ばれています。

プッシュプル型換気装置では、単に空気を吸引するだけの従来の局所換気装置と比べ、広範囲の汚染空気等の発散源を捕捉することができ、また局所排気装置に比して少ない風量で換気することができます。

さらに、対象空間をパーティション等によって仕切ることなく換気することができるので、同じ作業スペースをより効率的に使用でき、中で作業する人にとっても開放感が感じられ、空間的にも心理的にも作業効率性を損うことが少なく済みます。



プッシュプル型換気装置を採用することで、従来型の局所換気装置に比して様々な面でコストを削減することができます。



Copyright (C) 2015 快適な空間でコストも削減、プッシュプル型換気装置 All Rights Reserved.