プッシュプル型換気装置

プッシュプル型換気装置は、工場などの現場で使われる換気装置の一つです。


従来の換気装置では、換気装置が空気をプロペラファンなどを利用して吸引して排出する仕組みとなっています。

この仕組では換気できる空気の量が少なく、工場内などで強力に換気を行う場合には、プロペラファンなどの回転数を上げて空気の吸引力を高めるか、複数の換気装置を設置することになります。


しかし、吸引力を高めるためにプロペラファンの回転数を上げるとそれだけ電気も多く消費しますし、騒音も大きくなります。

厨房排気に関してのよくある質問です。

複数の換気装置を設置するとなると、ダクトの配置が複雑になりますし、工場内などの設備の設置にも大きく影響してきます。
そこで考えられたのがプッシュプル型換気装置です。


このプッシュプル型換気装置では、吸引を行う換気装置に向かって、送風を行う仕組みで、広範囲の空気を効率よく換気することができます。



また有害な物質や不快な臭いなども強力に吸引、排気が可能になるので、フロアの仕切りにも効果があります。

ただし、プッシュプル型換気装置では、その送風装置と換気装置の配置が重要になります。つまり送風する風の通り道が確実に換気装置に到達するように配置しなければなりません。



単なる排気であればさほど問題にはなりませんが、有害物質や臭いなどを防ぐ目的でプッシュプル型換気装置とするのであれば、この溢れによって有害物質や臭いなどを拡散させてしまう恐れがあります。



Copyright (C) 2015 プッシュプル型換気装置 All Rights Reserved.